私には「引き寄せ」が効かない?!と感じているあなたへ

ソウルブランドデザイン講座

私たちは思い込み(=信じること)を持つことによって、自分の歩む道すじや方向性を見出していきます。

どのように思い込み、何を信じるのかは、

何をどのように捉えるのか(見ているのか)=捉え方によって大きく変わります。

これが、「思考が現実になる」「こころが先、現実は後」などと言われる所以ですが、

これは「望むイメージをしましょう」「ポジティブな言葉を発しましょう」では実はうまくいかない人がほとんどです。

ソウルブランドとは、からだと、こころと、魂が重なる、上図の一番中心の赤い部分。

これを別の視点から見てみると、下図のような階層として捉えることができます。

見てわかる通り、外側の円に行くほど表面的で捉えやすく、内側に行くほど内面的で捉えにくい。

そして、内側にある要素の方が、外側にある要素よりも力を持っています。

私たちは常に外側の影響を受け、「望むイメージ」「ポジティブな言葉」然り、外側から自分にアプローチしようとします。

しかし、より力を持っている内側の要素がそれに反発する声を持っていたら?

変わらないどころか、そのギャップに自分自身が苦しくなってしまいます。

親と子、上司と部下をイメージしてみるといいかもしれませんね。

子どもや部下の行動を変えようとして、意見を聞かず叱咤したり、あーしなさい、こーしなさい、と、言動に干渉したり。

あなたが子や部下の立場だったらいかがですか?

言われるがまま、素直に変われそうですか?
または、変わろうとするでしょうか?

現実を変えるために思考や意識を変えたいなら、外からではなく内側から。

自分の内側にある声をしっかりと聴くことから始めましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。